けだるい

けだるさを吹き飛ばすたった一つの劇的方法とは

けだるさを一瞬で吹き飛ばす方法はこれです。

 

やるべき優先順位の高いことを

 

やるだけです。

 

人はエンジンがかかるまで時間がかかるのですが、一度かかってしまえば、堰を切ったように突き進みます。そう。その突き進んでいるときに無意識に

 

けだるさが吹き飛んでいます。

 

けだるさという意味合いは、意味もなくかったるい、なんとなくだるいという程度であり、基本的には自分次第です。あまり深刻な状況ではけだるいを通り越しているため、けだるさ程度だったら

 

気持ちを高めるより以前に行動を起こす!

 

これでしょう。例え気持ちが進まなくて、何もしたくなくてもです。

 

そんな状況こそ何にも考えず今やるべきことをさっさと済ませる。これができるとしばらくはけだるさも吹き飛んでいます。

 

行動を起こすこともできないほどけだるい

 

むむ。行動が起こせないほどかったるいですか・・・強敵ですね。

 

ならこれでどうです?

 

元気が一番、元気があれば何でもできる!

 

派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがあらゆる世界のプロだ。

 

これ、アントニオ猪木のお言葉です。元気でけだるさも吹き飛ばしますし、けだるいとき、歩みが進まない時こそ、地味な努力しましょうよ。

 

このように行動を起こすことすらできないなら、猪木の格言を心の中で唱えてみてはいかがでしょうか?自分を鼓舞する良い行動と思います。

 

 

 

けだるい感じの男は素敵?

ちょっとけだるさがある男性は女性に惹かれることもあるようです。

 

ちょい悪がモテるように同じような感じで、ちょいかったるい感じを演出する男性もモテ要素というのです。

 

けだるさというか、単に口数が少なくてクールに見えるからだとは思うのですがいかがでしょう。

 

見た目はけだるそうに見えても、実は行動派でアクティブ、結果を残している人ってある意味最強なんじゃないかとも思えますが。

 

能ある鷹は爪を隠すという意味でも。

 

page top