精神が崩壊するとき

精神が崩壊したのか?一番大事なこととは

崩壊とは崩れるとか壊れると言った破損の事です。精神が崩壊とは、

 

精神が壊れるということですね。人は不幸なことが立て続けに起きるとそりゃ落ち込みますし、その時は覇気も無くなり、崩壊しているように見えるものです。しかしいずれ立ち上げれるはずです。いろいろな方が悲しい体験をしている中で一生懸命生きているではありませんか。

 

こんなつらい仕打ちを受けても頑張っている人たくさんいます。芸能人だってたくさんいますね。人は強いです。

 

しかし人の助けは必要不可欠です。一人で悩まないでください。さまざまな苦悩から立ち上がった人は本人の頑張りもありますが、周りの力ず良いサポートがあるはずです。

 

人という字はまさにそれです。支えあうものですね。

 

あなたは決して一人でやっているのではない。必ず何かしらの力が応援してくれている

7つの習慣で有名なジェームススキナー氏の言葉

 

崩壊とは具体的には?

 

精神が崩壊してるかのバロメーターとして、他人だろうが自分だろうが傷つける言動を言うことでしょう。
自分に対してはすさまじいほどの被害妄想となり、他人には攻撃的になる、その逆に他人がみんな敵に見えるなど。
みんな敵に見える
被害妄想で苦しい

 

そんな日は誰だってあるものですが、あまり長く続くと本当に病んできます。
取り返しのつかないことにならぬように、長引くなら精神科医へ相談に行くと良いでしょう。

 

統合失調症などはまさにそのような症状で、幻聴が聞こえたり、自分がのけ者にされているように感じてしまうといった様々な自分を苦しめる思考へ陥っていきます。

 

また眠りにも影響が出てきます。ぐっすり眠れないとか、寝不足になっているとかですね。不安で緊張してくると眠れなくなりますので、実生活にも影響が大きいです。精神が崩壊すると体力的にも非常に疲れてきます。救いの手が必要なのかもしれません。

 

また、手軽な方法として、会社だったらメンタルヘルスの問い合わせ窓口が大抵あるため電話してカウンセラーの意見も聞くというのがあります。

 

企業とコンビのメンタルハウスの問い合わせは大抵無料なので気軽に、いや、使わないともったいないでしょう。確かに当たり触らぬことを指導されますが、あれは、こちらの状況を探ってどのくらいの余力があるのかを見極めております。なので、本音で話した方が的確な回答を得られるでしょう。

 

人にそのような相談を聞いてもらうだけでもスッキリするものです。

page top