すぐ諦める男

すぐ諦める男

諦めたいのはわかりますよ。そんな人って強くありませんから。男だからって諦めない強い精神じゃないといけないのですか?弱みを見せてはいけないのですか?

 

諦めて逃げましょうよ。

 

女性に対してもすぐ諦める男

諦める?諦めない?どーする?
すこしいい感じでもう少しで彼女になるかもしれない。だったら諦めない方がいいです!

 

ある程度粘り、女性の本心を聞き出し、脈がないならスパッと諦める。調べもしないで、その子の気持ちの確認もしないで諦めるのは損ですよね。あまりグダグダしてるのはみっともないし、女性からしたら怖いですから。

 

その駆け引きが楽しいんですよ。恋は。

 

で、女性以外にすぐ諦める男を肯定してきましたが、

 

諦めることで得られるかもしれないものを得られない

 

ここが実はどれほど損なのかは確認した方がいいです。人生において大したことがない事案なら別に執着など持つこともないのですが、仮にかなり重要なことだったら簡単に諦められません。

 

例えば男だったらお金。マネーです。

 

かなりの高額借金を抱えて、返済を諦めってことは自己破産を待つのみになります。しかし、諦めないで収入源を何としても見つけて一生懸命働き、何とか借金返済までこぎつけた。こうなった方が良いに決まっています。
そのためにネバーギブアップの精神で頭を使い体を動かしがむしゃらに働く。これは見失うことなく生きたいものです。

 

数々のリストラを体験

 

筆者はたくさんのリストラに遭遇しました。一つは安定企業で働いたけど技術革新で人材が極端に不要となり大量リストラとなった時です。家族や家のローンなど大変な時期と重なり、途方に暮れていましたが、アタック精神をもち近所の会社に直接話し合いに行ったりして、リストラされた会社に近い年収を稼げました。

 

しかし、その会社も倒産寸前でリストラ。自分は自信があったので他の社員を一人でも残したいと思い早期希望退職にのりました。
次も決まらずはやり相当のプレッシャーのなか、全く違う分野に転職がかないました。しかし待遇はアルバイトでした。ちょうど残業が月に50時間くらいあったため年収ダウンは100万程度と最悪な事態は免れました。しかし子供のお金がかかる時期であり、どうしてもお金が足りません。そこで副業を始めました。

 

始めた当初は全く稼げず。2年間ほぼ副業ゼロでしたが諦めずコツコツ作業をこなし。
2年後は年間副業だけで100万、3年後から6年間副業だけで100万以上年収をアップさせました。しかし、5年続けたその会社でも運悪く、自分の行っていた業務自体を中国へ移管となりリストラへ・・・・
アルバイトながらアルバイトの管理者としてアシスタントマネージャーまで行きましたが残念です。

 

そのリストラ時の年齢が44歳。
次どうすんの?と妻。

 

副業だけで月収10万程度でしたので副業としては満足。しかし会社員としての安定収入を失ってしまっては困ります。必死で探して、決まりました。その空白期間たった3か月。

 

決まった会社で3年間働き、その会社は派遣会社。派遣先が派遣の使用を打ち切るとのことでその派遣会社も自己都合で辞めました。だってなかなか仕事を持ってきてくれないから。
そこで同様に派遣会社に拾ってもらい、すぐ派遣先を決めてもらい現在に至ります。

 

なんとか子供3人が社会人となり、残るは小学生の3男だけです。もう何とかなりますよ。安心安心。

 

と、諦めないで戦う精神を持ち続けると何とかなるもんだなと経験しました。
子供4人。一人が就職して多少はラクになりましたが、長女が大学へ行くとなり、また負担が。長女には夜間大学にしてもらい、入学金だけ負担してあげて自分で大学に行ってくれました。
すぐ諦めてしまったならきっと自己破産していたでしょう。安易なことは考えない方がいいです。頑張れるなら頑張った方がいいです。

 

諦めても良い場面も

 

当然諦めても良い場面はあります。自分の夢よりも壁が大きすぎて方向転換するのも一つの手です。
もっとストレスがかからない楽な方向で自身を守るというのも立派な判断だと思います。

 

自分でしかわからない壁ですから。
甲子園まで行き、プロのスカウトを断った高校球児が方向転換で社長になった等、立派な人たくさんいます。

page top