自分が嫌い

精神を鍛えたい!力むほどうまくいかないのはなんとも皮肉ですが、

大事なのは自分を良い方向へ変えていくこと、それが極めて簡単な方法でできる
アメリカのCMで禁じられた手法
とは?!
サブリミナルアファメーション

自分が嫌いで・・・

性格変えたい・・

なんでいつもこんなふうになるんだろう。必ずこういった場合こういった結果が待ってるよね。想像つくよ。

 

って思い当たる節ないでしょうか?

 

人って今までの経験則で大体未来の想像ができるんですね。

 

それはセルフイメージ。

 

長い年月かけて自分自身にレッテルを植えつけてるんです。

 

具体的に言うと人に軽く見られる。幼少時代からからかわれていると、大人になってそのイメージが定着しちゃんです。逆もあります。

 

いつもテストでいい点数をとっていてチヤホヤされていると、自分は出来る人間だ。頭がいいというイメージが植え付けられて、出来る人になっちゃうんです。

 

セルフイメージ

 

自分はこうだ。というイメージ通りに人は歩んでしまうんです。それがセルフイメージ。良い方向に行くなら素晴らしいのですが、悪い方へ進むと性格までおかしくなっちゃう。

 

長い年月かけて築かれた性格なんでそう簡単に修正なんかできませんよね。

 

セルフイメージという衝撃

 

人と比べるから自分が嫌いになる

 

自分が嫌いなときって人と比べるときにかなりの確率で思うのですが、

 

例えば

 

  • 妻の友達のダンナはボーナスが100万!で自分がボーナスなしの時
  • 自分より廻りの友達の身長が高かったり
  • 自分の家より知人の家のほうが大きかったり
  • 友達より自分の方が学歴が低かったり
  • 友達より会社が零細企業で給料が低かったり

 

書いたらきりがありませんが、ようは、基準は友人知人。特に影響力が有る身近な存在と比べて自分がどれほど劣っているかを自分で判定して、自分が嫌いになってしまう。こんなロジックです。

 

基準は友人知人であり、頻繁に動く基準なんですよ、だからキリがない。自分よりもっと厳しい立場で苦しんでいる人からしたらあなたは上級かもしれません。

 

人と比べることをしなくなったら自分が嫌いなことなんてありえません。