能力を超えた力は出せるのか

精神を鍛えたい!力むほどうまくいかないのはなんとも皮肉ですが、

大事なのは自分を良い方向へ変えていくこと、それが極めて簡単な方法でできる
アメリカのCMで禁じられた手法
とは?!
サブリミナルアファメーション

能力を超えた力ってでるのか?!

例えば50キロのものを持ち上げることが精一杯という人がいます。もし、火事が起きて家財道具を少しでも運び出したいと瞬時に判断して、まとめて100キロもあるものを運んだって事例は数知れずありますね。

 

例えば、クマ退治。最近クマが人里に降りてくるニュースが多いですが、実際にクマと戦い逃げてきたという人が大勢います。女性だっていましたね。これだって立派な火事場のバカ力です。

 

このように命におよぶ状態になった時に脳がリミッターを外し、普段出せない能力をだすという仕組みです。この脳のりリミッターは普段しっかり効いているのですが、生命に及ぶ危機が迫った時だけ外れるという事です。

 

チーターに追われたシマウマがチーター並のスピードで逃げるというのもそれです。

 

緊急時意外にもそう言った能力って出ないの?

 

イザって時は脳内にドーパミン、アドレナリン(脳内麻薬)が分泌されて、体の筋肉のリミッター解除するわけですが、あくまでイザって時。体の防御反応です。これを擬似的に出す方法があるのです。

 

それは大声を出す。これにより脳が勘違いを起こしてリミッターが解除されるんです。

 

スポーツ選手が気合を入れて大声を出すシーンはまさにそれでしょう。

 

本領を発揮したい時は、気合を入れて声を出すという方法も取り入れてみるといいでしょう。

 

これ以上は火事場のバカ力を出すことは止めたほうがいいです。その理由は、本来の力以上の力により、関節や筋肉を痛めてしまう可能性があるからです。なのでむやみに脳内麻薬を出して火事場のバカ力を出す方法というのは使わないほうがいいと思います。

 

瞬時に気合を入れて大声を出すという方法以外はやらないほうが得策でしょう。