怒りを抑える方法

精神を鍛えたい!力むほどうまくいかないのはなんとも皮肉ですが、

大事なのは自分を良い方向へ変えていくこと、それが極めて簡単な方法でできる
アメリカのCMで禁じられた手法
とは?!
サブリミナルアファメーション

怒りは恨みとは違う

怒りイコール恨みとい思われる人も多いと思いますが、怒りで多いのは突然の相手の行動に腹を立てて怒りがこみ上げるのが怒り。腹ただしい感情も大体数分とかで収まるものです。

 

しかし恨みは、怒りを我慢して、ずっと耐えて、怒りを通り過ぎて恨みに変わってしまうもので、根が深いものなんですね。

 

相手の行動に対して怒りを覚えるというのは、自分自身の立場、わかりやすく言うと自尊心を潰されて怒りがこみ上げるという事が多いですね。例えばマナーを重んじているAさんの前でタバコのポイ捨てをされたとしましょう。
常にマナーを重んじているAさんは、タバコのポイ捨てという行為は当然しませんし、やっている人が信じられないんです。だから怒りがこみ上げる。自分では絶対しないという価値観を潰されて、それが怒りになる訳です。

 

雷のように怒りがこみ上げた時

 

気持ちはよーくわかります。マナーを守らんやつはムカつきます。許せません。

 

が、しかし。

 

その様なマナーを守らんやつは腐る程いますよ。たくさんいますよ。ほぼ毎日1人はそう言ったマナー違反する奴を目の当たりにします。

 

私はそう言った輩を見るたびに腹を立てて、怒りを我慢させてきました。でもどうでしょう・・・

 

大切な時間です。そう言った輩に時間を取るのですか

 

マナー違反の輩は注意しても、逆ギレされるか、なぜ注意されたかわからないほどの愚かな連中が多いです。中には注意して素直に謝るまともな人もいるのですが、大半が逆ギレしちゃうどうしようもない奴らです。

 

注意を受け入れてくれるかわからないのに注意するのは時間の無駄。下手をすると暴行されるかもしれません。

 

そのようなリスクをしょってまで注意する必要があるのでしょうか?たとえ注意して事無きを得たとしても、反省していなければ注意は無意味です。

 

自分に被害がないなら無視を決め込む事が得策です。考えすらしない。そんなアホな連中の事を考えるだけで大事な脳みその無駄遣いです。

 

被害がおよびそうな時、例えば道路で歩いていたら車が猛スピードで走ってきたとか、へんな奴ら近づいてきた時は、危機センサーを常に貼り、避ける事を考えましょう。

 

都会で暮らすには当然人の数も多いです。という事はアホな連中もたくさんいるってわけで。

 

そんなんにイチイチ怒っていたら毎日毎日怒りの連発でストレスが溜まる一方です。

 

なので、そんな連中は人とは思わずに、猛獣が来たとでも思ってかわす事を考えましょう。猛獣に突進される前に逃げる。その心構え大事です。

 

何しろ、怒りがこみ上げても、

 

やばいやばい、猛獣が突進してきたから逃げてよかった・・・と思いましょう。いいですか。そう言った連中は人ではありません。人と思うから腹が立つんです。自分が守っている事を破るのは見ていて腹が立つもの。ですが、小さい子供だったら仕方ないなと思うでしょう。虎が突進してきたら怖いけど怒りはこみ上げないでしょう?人だから怒りがこみ上げる。

 

自分に厳しい人は人にもその厳しい条件を求めるわけですが、相手には柔軟に、さらに基準を引き下げて接しているのも寛大な心の持ち主かと思われますが・・・

 

私はそんなに人間できてないから、そんな奴らを人と思いませんが・・・

 

どちらにしても怒りを抑える方法としては有用かと・・・どうでしょう。

怒りを抑える方法記事一覧

意味不明の独り言で叫んでいる人

環境はみんなのものすれ違いざまに俺に言っているのかわからないけど、叫んでくる人が。俺が徒歩で端を歩いていると向かってきた自転車の男がすれ違いざまに『●×▽●×▽』意味不明のことを叫んできた。何言ってるのか不明だが、歩いている俺に対して邪魔と言いたいのか?さっぱりわからないが無視。気分悪い。そうかと思...

≫続きを読む